Tag: 固定観念


固定観念を取り払う

26
7月

人は、相手の事を良く分からない内にその人がどの様な性格などかを固定観念として記憶してしまう事があります。特にその記憶が強まってしまうのは、初対面の時の印象です。人は防衛本能と言う本能を持ち合わせており、自分の身に危険を及ぼす内容について潜在的に意識を強め、記憶を強めてしまう事があります。それが人間関係にも大きく影響し、固定観念から苦手な人を作ってしまうことがあるのです。

職場における人間関係が悪くなる主な原因は、少ない情報から自分自身に対して危険を及ぼす相手だと判断をしてしまっている事が挙げられます。それを改善をするためには、情報量を増やして相手のいいところを知ることがポイントになります。人間関係が悪化していると、会話をする事に対して抵抗感が生まれる事もありますが、勇気を出して一言でも相手の良い部分について褒めてあげる事が重要です。相手に快感が生まれれば心の壁が崩れ、お互い話やすい環境を作って行く事が可能になります。その事によって、今まで気づかなかった相手の良さを知る事が可能となり、多くの良い情報を記憶として刻んでいく事が可能になります。

職場の人間関係が悪くなっていると感じた場合は、上司に相談し、上司が率先して環境を変えようとしていくことも大切です。部下を叱るばかりではなく、いいところを褒めたり日頃の労をねぎらう一言を伝えることで、部下の士気も上がりいい雰囲気が出来るでしょう。環境というものはみんなで作り上げていくことが大切です。

Comment » |

Back to top