割り切ってしまえばいい

どんな職場にも、馬の合う人や苦手に感じる人がいます。一人で働く仕事ならともかく、複数の人が働いているところには必ず相互の人間関係が発生します。集団が生まれると、そこには様々な問題が発生する可能性があります。仮に、趣味や好みが共通する仲良しクラブやサークルであったとしても、人間が集まるとそこには必ず問題が起こる素地が生まれます。まして働く場となると、性格や価値観が異なる人たちが仕事を唯一の共通項として集まることになります。好き嫌いや気が合う合わないという関係が発生するのが当たり前だと言えるでしょう。

上司、同僚や部下との関係、さらにはお客さんや取引先とのやり取りなど、仕事の場における人間関係には多くの不安要素が存在します。特に問題になるのが、嫌な上司との関係ではないでしょうか。業務上、強い立場にいる上司が嫌いなタイプの人間であった場合、部下はかなりのストレスに晒されることになります。同僚や部下との相性ももちろん重要ですが、上司から仕事の指示を受けるという業務上の関係を考慮すると、やはり精神的に大きな負担を強いられることになります。

しかしよく考えると、職場の上司や同僚、部下さらには顧客との人間関係で苦労するというのは、社会人になった時点で最初から分かっていることではないでしょうか。だったら、嫌な上司の話しを聞きながら、腹の中で大笑いするくらいの技を身につければいかがでしょう。怒られて頭を下げながら、心の中でアカンベーをするくらいの気持ちの余裕を持てば、職場での精神的な悩みが薄まるかもしれません。このサイト(http://sdocialdisposition.net/trouble/dislike)でもスルー力を身に付けようと言われていますから、健康のためにも嫌なストレスを避ける工夫が必要ではないでしょうか。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です